シロアリクロアリの違い|鹿児島県姶良市のプロジェクト・彰

シロアリクロアリの違い|鹿児島県姶良市のプロジェクト・彰

2014年4月7日
今回はシロアリ、クロアリの違いをご説明します。
羽アリ全てがシロアリというわけではありません。
普通のアリであれば家には被害をもたらしませんがシロアリであれば、
住居が多大な被害をうけることにもなります。
大切な住居を守るためにしっかり見分けましょう。


『似ているけれど、全く別の虫です!』
シロアリはゴキブリの仲間です。
シロアリは木材家屋を好みますが、強靭なアゴにより
レンガ・コンクリートを食い破り木材に到達します。
そのため、どんな家屋でも油断はできません。 

<シロアリ>
触覚   まっすぐ伸びたくさり状の触覚
胴体    くびれがなくずん胴
羽    4枚ともほぼ同じ
出現時期 4~7月頃(雨が降った後の蒸し暑い日)

<クロアリ>
触覚   「くの字」型
胴体   くっきりとくびれている。
羽    前羽が大きく、後羽が小さい
出現時期 6~10月頃

<こんな症状があったら要注意>
・床からきしむ音や、ブカブカ浮いている
・傷みが激しい場所がある
・押入がカビ臭い、湿気ている
・垣根などがグラついている
・床下調査をしていない又は1年以上空いている
・家のそばの残材にシロアリがついていた
・密集地で日当たり・風通しが良くない
・近所でシロアリ消毒をした家がある

シロアリの成虫は巣別れのために群飛を行います。
地上に降り立つと羽を落とし、新たな巣を作ります。
シロアリが巣を作り出した場合は、近くに羽が落ちていることが多いです。

上記の症状に当てはまるお客様は、お早目にシロアリ点検をご検討ください。

シロアリの事など、分からないことやお困りのことはお気軽にご相談ください!

鹿児島でシロアリ駆除をお考えの方、 シロアリの事なら鹿児島県姶良市のプロジェクト・彰に
おまかせください!
カテゴリー: ブログ
PAGE TOP
Copyright © 株式会社 プロジェクト・彰. All Rights Reserved.