シロアリ消毒の手順

シロアリ消毒の手順

1.木部穿孔

木部穿孔
床下から木部を穿孔します。 シロアリは床下から侵入して、大事な家の土台や柱を食害します。 木材の中に薬剤を注入する為にドリルで穴を開けていきます。 場所 土台の継ぎ手 柱と土台の接合部 束柱の根本 換気口の上部 大引きと土台の接合部など

2.薬剤注入

薬剤注入
先に穿孔した穴に薬剤を注入していきます。 薬剤は水で溶いた水溶液を使用し、動力噴霧器で圧を掛けて木材に注入します。 薬剤を注入した後は木栓を詰めていきます。

3.土壌処理と表面吹き付け処理

土壌処理と表面吹き付け処理 土壌処理と表面吹き付け処理
先に穿孔した穴に薬剤を注入していきます。 薬剤は水で溶いた水溶液を使用し、動力噴霧器で圧を掛けて木材に注入します。 薬剤を注入した後は木栓を詰めていきます。

4.タタキ穿孔注入処理

タタキ穿孔注入処理
グリで埋め込まれた、タタキ部は床下からの消毒が出来ないので、写真のように上からタイル目地に穴を開け、薬剤を注入します。 特に、お風呂は適度な水分と温度が得られるため、シロアリが巣を作るのに適しています。

場所

お風呂や玄関、トイレ、勝手口など

鹿児島県の姶良市近郊でシロアリ(白蟻)予防や駆除工事なら実績多数の弊社にお任せください。  
PAGE TOP
Copyright © 株式会社 プロジェクト・彰. All Rights Reserved.